ドクター・フトレマックスの解約方法。完全版はコチラ!

人間の悩みは尽きないものです。

これから夏に向かって、肌の露出が多い洋服が増えますね。

多くは、痩せたい悩みはよく見聞きしますね。

世の中には、「太りたい!」と悩んでいる人も実は多くいるのです。

そんなお悩みに登場したのが、太るためのサプリメントです。

それが、ドクター・フトレマックスという商品です。

サプリメントというよりは、健康食品といったほうがいいですね。

水や牛乳に溶かして飲むドリンクです。

普段の食事に加えて、コップ1杯で太ることができるというものです。

今までのプロテインとはかなり違って、正しい栄養学に基づいて開発された商品です。

太るための最適整合配分の特許も申請中という商品です。

ガリガリ体質から抜けたい人のお助けになるかもしれませんね。

今回は、ドクター・フトレマックスの解約についてご紹介いたします。

解約方法

解約したい場合は、次回商品発送の5日前までに電話で、お問い合わせをすることです。

フリーダイヤルで、0120-42-1470です。

1箱30袋入りですので、毎日1袋ずつ服用する場合は1カ月程度でなくなりますが、朝晩服用するのならば、半月でなくなります。

いつ頃飲み終わるのかを確認するか、申し込む際に、まずは1か月でお試しするかを決めておいた方がいいですね。

次の回を早めることもできますから、まずは、届いた時に次回はいつかを確認しておくことが大切です。

また、電話でのお問い合わせは、平日の10時~18時半までとなっています。

フリーダイヤルによくあるのは、繋がりにくいということです。

また、次回発送がいつかということを確認しておかないと、商品は発送されてしまい、仕方なく2回目までを続けてしまいかねませんので、注意が必要ですね。

ホームページにも記載がありますが、発送5日以降の解約の電話やメールは発送準備の都合上受け付けられないというコメントもあります。

購入する際は、内容をよく読んでから申し込むことが必要ですね。

この商品の場合、全額保証制度があります。

返金保証期間はご注文日から30日以内です。

自動お届けコースの休止・中止の受付とはタイミングが異なりますので、要注意です。

また、1世帯につき、1回限り初回購入の方限定で、お得な自動お届けを申し込んだ方のみとなります。

とりあえず1回、試してみた人は対象になりませんので注意が必要です。

また、2箱以上を一度に申し込んでも、2箱以上の開封は該当しません。

返品送料や振込料は購入者負担ですので、全額返金といっても、返送する際のお金は発生します。

さらに、クレジット決済の場合は、キャンセル処理後の返金となりますので、返品商品が、発送元に届いた月末締めの翌月末払いの戻りですので、およそ3か月後と考えておいた方がよいでしょう。

すぐに解約ではなく、変更、中止、再開もできますので、試してから考えるという方法もあります。

定期購入の注意点

この「ドクター・フトレマックス」は回数の縛りはありません。

11,800円の商品が初回以降7,680円(税抜き)でお試しできます。

全額返金保証の対応は、お得な自動お届けコースを申し込んだ人が対象です。

フリーコールがあるからと安心できないことは前述とおりです。

平日の10時~18時半までの対応でしたね。

とりあえず、単品で申し込んだ人は対象外となりますので、購入時に多少高額でも、単品で申し込まずに、お得な(11,800円:税抜き、送料無料→7,680円:税抜き、送料無料)を購入した方が、安く済みます。

そこで、とりあえずという人も、定期購入で申し込んだ方が、すぐに辞めたいと思っても安く済みます。

やはり辞めようと思って、電話が繋がらない場合は、少し手間がかかってしまいますが、メールでの対応があります。

返信が永久にこないわけではないので、気長に待つつもりで、メールで解約や変更、休止の旨を伝えるとよいでしょう。

一度解約後も再開可能なので、やっぱりつかってみようという人にはうれしい話です。

どうしても辞めたい場合で、クレジットカードで申し込んだ場合は、すぐに、クレジット会社に連絡して、そのクレジットカードを止めてもらえば、送られてこないと思いがちですが、この商品の場合、ポスト投函の商品のため、代引き扱いになってしまいます。

代引き手数料400円が発生します。

必ず届いてしまいます。

この商品の場合は、カードを止めるという方法はできないので、やはり、電話かメールでの対処が必要になるので、注意が必要です。

クレジットカード以外にもコンビニ後払いもあります。

また、アマゾンpayや楽天payでの方法もあります。

楽天payはポイント還元対象商品ですので、ポイントがたまっている人はそれを利用して、お試ししてみるということもできますね。

とにかく、申し込んだ後は、キャンセル依頼をしている間に次回の商品が届いてしまうこともあることを考慮して、電話やメールをする必要がありますね。

まとめ

いかがでしたか?

このような商品が販売されるということは、人の悩みは痩せたいのとは逆に、太りたいという人も多くいるということですね。

色々試したくなるのは人間の欲求の表れですね。

でも、本当に必要かどうかは、使ってみないとわからないというジレンマもあります。

さらに、商品を購入する際に、正規お店の方が安心できると考える人もいれば、同じ商品なら、安いお店を選ぶなど、考え方は人それぞれですね。

また、実際に使ったあとの使用感覚も、人それぞれです。

その商品が合うか合わないかは、本当に人それぞれです。

合わないと思ったら、辞めればいいのですが、通信販売の手軽さもある反面、辞めたい時の手間は、手軽さの裏返しと考え、本当に辞めたいならば、手間を惜しまないことですね。