PG2マリーンリッチはメールでは解約できない!?また、電話が繋がらない場合の対処方法がコレだ!

今回ご紹介するのは、PG2マリーンリッチというオールインワンクリームです。

成分も、ヒアルロン酸よりも潤いが続くという、プリテオグリカンという成分がたっぷりと含まれています。

ヒアルロン酸の1.3倍の効果とまでいわれています。

オールインワンですから、これ1個で済むわけですが、朝晩2回は使用しますので、容量によって、またひとそれぞれの肌体質によって、使用量は違います。

もっとも、べたべたすり込んだら、お化粧は浮いてしまいますので、適量の使用にはなります。

今回は、PG2マリーンリッチの解約についてご紹介いたします。

メールでは解約できない!?

メールでの連絡方法がないわけではありません。

もちろん、購入前の確認や質問もできます。

この商品のホームページをご覧いただくとわかりますが、「現在、お問合せ数増加により、返信までかなりのお時間を頂戴しております。」とあります。

そのため、タイムリーに返信が来る保証はありません。

メールでの対応がないわけではないのですが、いつお返事が来るかがわからないということです。

また、メールで問い合わせる際も、すぐにお問合せを記入するボックスがでるわけではなく、よくあるQ&A形式のあとに、お問い合わせ内容を記入する仕組みになっています。

その辺が少し面倒であることと、すぐに返信をもらえない可能性があるということを覚えておいた方がよいですね。

つまり、メールでは解約できないということではありません。

また、次回発送の7日前に連絡が届いている必要があります。

先方がメールを7日前までに見てくれれば、2回目以降の解約はできますが、間に合わなければ、2回目の商品が届いてしまうということです。

解約法法は、電話1本で解約できます。

電話番号は 0120-533-333 のフリーダイヤルです。

ただし、平日10時~17時までの対応です。

ところが、フリーダイヤルは中々繋がらないことはよくあります。

まぁ、フリーダイヤルだから10分位かけていればつながるかもと思いますね。

自宅にいる人は良いかもしれませんが、会社に勤務している人なら、10時~17時という時間制限は少し厳しいですね。

お昼休み時や、休憩時間に制限されます。

すぐに解約ではなく、変更、休止、再開もできますので、試してから考えるという方法もあります。

電話が繋がらない場合の対処方法

フリーコールがあるからと安心できないことは前述のとおりです。

平日の10時~17時までの対応でしたね。

そこで、電話が繋がらない場合は、少し手間がかかってしまいますが、メールでの対応があります

返信が永久にこないわけではないので、気長に待つつもりで、メールで解約や変更、休止の旨を伝えるとよいでしょう。

一度解約後も再開可能なので、やっぱりつかってみようという人にはうれしい話です。

どうしても辞めたい場合で、クレジットカードで申し込んだ場合は、すぐにクレジット会社に連絡して、そのクレジットカードを止めてもらえば、次回発送時には、カードの承認が下りなかったということで、とりあえずお金は引き落としされませんし、商品も送られてきません。

ただし、そのクレジットカードは一度止めてしまうと、解約か番号を変えて再発行となります。

再発行時には、手数料がかかります。

申し込んだ後は、キャンセル依頼をしている間に次回の商品が届いてしまうこともあることを考慮して、電話やメールをする必要がありますね。

定期購入での料金の注意点

この「PG2マリーンリッチ」は回数の縛りはありません。

6100円の商品が初回1980円(税抜き)でお試しできます。

ただし、1世帯1個までの制限があります。

また、2回目以降は5480円(税抜き)に加えて、送料630円がかかります。

初回限定でも代引きの場合は、送料がかかるので、1980円(税抜き)+送料630円のお値段になります。

定期購入しても、回数縛りはないものの、2回目以降は送料が発生するので、結局は正規の値段に戻るというのが、他の商品の定期購コースとは少し違いますね。

とりあえず、使ってみたいかたは、楽天市場サイトのスルスル酵素のお店でおよそ半額程度の3290円くらいで購入できます。

キャンペーンによって送料が無料だったりすることもありますので、そのページで確認してから購入することをお勧めします

まとめ

いかがでしたか?

商品を購入する際に、お店の方が安心できると考える人もいれば、同じ商品なら、安いお店を選ぶなど、考え方は人それぞれですね。

また、実際に使ったあとの使用感覚も人それぞれです。 

その商品が合うか合わないかは、本当に人それぞれです。

合わないと思ったら、辞めればいいのですが、その手間が面倒に感じたら、多少高くとも単品購入をして、まずは使ってみるということもいいのかもしれませんね。

その際に、安いお店を探す手間を惜しまないのか、正規の販売元から購入するかも、自分次第ですね。